忍者ブログ

Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~

カリフォルニアの大学病院にあるICUで看護師をして7年目。 ICUの中で起こる日々のドラマ。 アメリカの命の現場から生の声をお届け! アメリカ医療の裏側やナースの日常を覗いてみませんか? まずは「ハイライト」内の記事からチェック!!

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


昨日は、70代の男性患者さんの受け持ち。



この患者さん、先月末に床に倒れてるところを発見され、ERを経てICUへ。



胃潰瘍による出血との診断が出て、処置が行われ、今はもうすっかりお元気に。



ところがこの患者さん、まだ足元がものすごくふらついていて

ベッドから椅子に座るのもままならないのに、勝手に一人でベッドから出ようとしてばかり。



何度も何度も、

「立ちががる時やベッドから出たいときは、ナースコール押して教えてね」

って注意するも、聞く耳持たず・・・というかすぐに忘れてしまうみたい。



ふと部屋の中をみるとベッドや椅子から出ようとして落ちそうになってるのを発見し、

私が一目散に駆け寄って、体を支えに行くことが何度となくあって。。。



全く気の抜けない状態。



椅子に座っていたかと思うと、ちょっと目を話した隙に立っていたりするので、

記録用のデスクから常に部屋の中を覗いていたのですが、

なんせ、速い速い!



MRSA(多剤耐性ブドウ球菌)という院内感染の恐れのある強い菌を保有してるので、

この患者さんの部屋では、隔離用のガウンや手袋着用の義務があります。



でもね、一人で勝手に立っちゃって今にも倒れそうにフラフラしてる患者さんを目の前にして、

いちいちガウン着てゆっくり歩み寄ってる時間無いわけですよ。



MRSAの隔離も大事だけど、何よりも患者さんの安全第一ですから。

患者さんがもし転倒して頭打ったり怪我したりなんかしたら、私の責任問題になるし。



だから、こういう時は

最初ガウン着ないで駆け寄ってでも、患者さんをまずは椅子に座らせ安全確保。



そのあとで、部屋の入口まで戻ってガウンを着る。

ずっとそんなことの繰り返しだったのですが・・・



患者さん椅子に座らせて、

「今ガウン着てからベッドに戻してあげるから、何度も言うけど絶対一人で立たないでね。」



とよくよく言い聞かせて、

入り口まで歩いてガウンに手を伸ばした瞬間、

なんか嫌な予感。。。



ふと後ろを振り返ると・・・



患者さんまた一人で立っちゃってるじゃないの~!


しかも、めっちゃフラフラしてる!!! ( ゜o゜;)



「NO~~~!!! HOLD ON~!!!」

ノォー!!! ちょぉ~っと待ったぁ~!!!)



ねるとん紅鯨団の男子並に叫びながら、すぐさま踵を返して、患者さんのもとへ!


倒れる寸前の患者さんをかろうじてキャッチ!!


(てか、ねるとん紅鯨団って・・・古っ! すみません。。。)

 

ほんとさぁ~、勘弁してよ~。。。

部屋の入口まで歩いた数歩の間、患者さんに背を向けただけなのに。。。

これじゃ~、もう一人の患者さんの部屋におちおち行ってられないじゃないの。



お陰でずっと立ち通しだし、記録はなかなかできないし・・・

う~ん。。。 正直イラッときちゃったけど、そこはやっぱり、

病を憎んで人を憎まず!
   (※関連記事:『噛む患者、唾を吐く患者』)
 


たださすがに、これには私も痺れを切らして、Sitter (シッター)をリクエスト。
 

 
日本の状況はよく分かりませんが、アメリカの病院にはシッター制度があります。

ベビーシッターのシッターです。

シッターという言葉は、別にベビーだけに限らず、普通に Dog Sitter などにも使われ、

要するに、誰かの代わりにおもりをする人、のことです。



病院でのシッターの役割は、

今にも暴れたりベッドから飛び出そうな患者さん、や

自殺願望を持って自殺する可能性のある患者さん、の

見張り おもり

です。



Sit (座る)の動詞に、 er(~する人)っていうくらいで、

要するに、ずっと患者さんの部屋で座ってれば OK!



とっても楽な仕事ですよ。

座ってるだけでお金が貰えるんですから。



といっても、何かしてないとソワソワして逆に落ち着かないタイプの私は、

こういった仕事、大の苦手ですが。。。

逆にゆとりのある仕事がしたい方にはとってもオススメのお仕事です!



という訳で・・・

私のシフトでは急すぎて、シッターの確保が出来ませんでしたが、

夜のシフトではなんとか、シッターを手配できるとのこと。

幸い、患者さんの家族も来てくれて、シッターが来るまでは残るって言ってくれたし。



良かった~~~!

これで一安心。

あのままシッターが手配できなかったら私、心配で夜も眠れないだろうし、

それに、次のシフトでこの患者さんをケアするナースに対して罪悪感になっちゃうよ。



あ、ちなみに・・・

訴訟社会アメリカでは、とにかく何でもかんでも記録することが大事。

患者さんがどういう状態だったのか

患者さんにどうしてシッターが必要なのかシッターの分の余計なお金もかかるし)

そして、私がシッターを要請したこと

これをバッチリ記録しておきました。



こういった記録をしておけば、

シッターが手配できなかったのは、病院側の責任になるし、

患者さんのコントロールが厳しい状況だったことの証明にもなり、

たとえ患者さんが次のシフトで転んで訴訟が起こされたとしても、私はセーフ。

やるだけのことはやった訳ですから。



なんか、この患者さんのことでハラハラしてばかりで、1日がとても長~く感じましたが、

なんとかシフトを乗り切りました。




それにしても、患者さんほんと無事で良かった~~~。




ナースの心得、その3:

細やかな記録で自身の身を守るべし!



関連記事: ワガママな恋人も読んでくださいねっ☆



 

拍手[5回]

PR
↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

素晴らしい制度ですね

日本でも「訴訟のための記録」を、
重要視される傾向にありますが、
訴訟自体がそれ程身近ではないですよね。
アメリカだったら、
すぐそばでも訴訟されるでしょうから、
記録にも力が入ることでしょう。
(日本が手を抜いている訳ではありませんが…。)

「シッター制度」ってすばらしいですね。
ちょっとでも目が離せない患者さんの為に、
全体をみる事がとても大変になる事は
よくあることですね。
地方の病院などではすぐに家族が呼び出されて、
行く事が出来ないとなると、
入院すらさせてもらえなくなる事があります。

多少のお金がかかるのは仕方がないとして、
是非日本でも取り入れてほしい制度だと思いますよ。

Re:素晴らしい制度ですね

コメントありがとうございます。

訴訟は面倒なだけでなく、命が関わる職業なので、恐ろしい金額を要求されたりするらしいですね。 特にアメリカは。 記録は時間が掛かるし面倒な作業ですが、決して気を抜いてはいけない部分だと思っています。

シッター制度、あるととても便利ですよね。ただやはり、高いお金がかかるので、理由をちゃんと正当化しなければなりません。 なので、出来るだけ家族のヘルプを乞うのが優先です。 

ただこの点については、どうしても疑問が残ります。 もし家族の不注意(居眠りとか)で患者さんが転倒してしまったら、いったい誰が責任を取るのでしょうか。 そこら辺が微妙なところですよね。。。

無題

シッター制度は、目を話せない患者さんに対して凄く良いシステムですね。
一人で抱えていたハラハラ感が
少し軽くなりますように。

Re:無題

コメントありがとうございます。

そうなんです!一人で抱えているハラハラ感。その表現ピッタリです!
あのハラハラ感があると本当に気疲れしてしまいます。。。

シッターさんがいると随分気持ちが楽になります。

無題

日本でも王子がバイトで行ってた病院にはシッター的制度がありました。昔炭鉱で働いてた職業病的な患者さんだけが入院する特殊な病院だったから、公金的な面で例外なのでしょうが。でもそのおかげで少ない看護師さん達でもなんとかやりくりできてましたねー。
日本でも今後普及していくのでしょうか。

アメリカ来て日本では見過ごしがちな(←おい)記録や契約の大切さを再確認してます。
内でも外でも訴訟や弁護士系の広告がはんぱないですもんね(笑)

Re:無題

コメントありがとうございます。

日本でもシッター制度があるんですね!しかも炭鉱で働いていた方だけが入院する病院があるというのも驚きです!

特にカリフォルニアは看護師対患者の比率を改善しようと頑張ってる州でもあります。これからもっともっと看護師に対してやさしい職場になると嬉しいです。それは患者さんにとってもやさしい状況となるはずですからね。

アメリカいらしたばかりで、今いろいろな法律用語などに奮闘なさってるかとは思います。書類の重要さ、そして怖さを身にしみて感じますよね。頑張ってください!

無題

細やかな記録で自分の身を守る!!なるほど、勉強になります。私のRNの勉強も後1年となり、Angelさんのブログから実際の病院の様子を想像できて、とても勉強になります。これからもどんどん更新してくださいね!いつも楽しみにしています。

Re:無題

コメントありがとうございます。

RNのお勉強もあと1年とのことで、きっとこれからどんどん実習が入ってくる頃ですね。 教科書では勉強できないことが、実習にはいっぱい詰まってると思います。 

そんな実践でも慌てないようにするためには、ケース・スタディー(症例研究?)が役に立つのではないかと思います。 そのお手伝いをこのブログで少しでもできたら嬉しいです! 

いろいろ辛いこともあると思いますが、その1つ1つが必ずSaticoさんの糧となるはずです。 頑張ってくださいね! 応援しています!

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

名前
Angel
職業:
看護師 Registered Nurse
趣味:
ゴルフ ピアノ 食べ歩き
自己紹介:
1978年、早生まれ
埼玉県出身
カリフォルニア在住
アメリカ暦9年

日本の大学卒業後、医学研究職2年。

その後アメリカの大学へ留学。看護学部を卒業しBSN(Bachelor of Science in Nursing)取得を経て、RN(Registered Nurse)免許取得。

2004年夏より、カリフォルニアにある大学病院のICU(集中治療室)にて勤務中。
7年目のベテランナース(?)

最新コメント

[04/20 ますみ]
[04/17 NP王子。]
[04/15 花Momo]
[04/15 SMH ]
[04/13 Isamu LA]

リンク

カウンター

free counters
Flags counted since 11/28/2010

ランキング

☆応援ありがとうございます☆

1日1クリックずつポチっとしていただけると励みになり嬉しいです♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

PR

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS

track feed Angel Blue

最新トラックバック

バーコード

Copyright ©  -- Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]