忍者ブログ

Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~

カリフォルニアの大学病院にあるICUで看護師をして7年目。 ICUの中で起こる日々のドラマ。 アメリカの命の現場から生の声をお届け! アメリカ医療の裏側やナースの日常を覗いてみませんか? まずは「ハイライト」内の記事からチェック!!

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

今日も昨日に引き続き、同じ患者さん2人を受け持ち。

ブログに書いたけど、ほとんど座る暇も無いほど忙しくて、

残業1時間半。。。



昨日の時点で、気管挿管1件入り、

結局2人とも呼吸器に繋がれたことはお知らせしましたが、

最初から呼吸器に繋がれていた方の患者さん、今日は急遽、


気管支内視鏡検査入りました。

<気管支内視鏡検査についての解り易い説明はこちら>




ICUでは患者さんの負担を出来るだけ避けるため、

こういった大きな検査もベッドサイドで行います。



検査室に患者さんを運ぶとなると、ICU患者さんは重篤な状態なので、

運搬時のリスクがやはりとっても高いのです。



同種の胃カメラや大腸カメラもICUではベッドサイドで行われます。

更に、心臓のカテーテル挿入の手術とか、

気管支切開手術もベッドサイドでやっちゃいます!



一応、リスクを最低限に抑えるためにベッドサイドで行われる

この気管支内視鏡検査ですが、今日のこの患者さん、

検査直前に何もしてないのに血圧急降下



これじゃ検査が出来ない!

ということで昇圧剤の点滴を即始めて血圧安定を確認してから、なんとか検査開始。



モニター画面に肺の内部(気管支)が映る。

この患者さんは私が見た中でも結構きれいな気管支。



私が昔見た患者さんの中では、

気管支にモコモコのカビがびっしりと蔓延ってる人とかいましたからね。

あれは、身の毛もよだつ衝撃的映像!



気管支内視鏡検査では、肺の中がどんな状態か見るだけでなく、

生体穿刺採取や、気管の分泌物(いわゆる痰?)の検査検体採取

も同時に出来ます。



ちなみに、気管の入口にある声帯を見るのがおもしろい!

声帯のYouTube映像リンクはこちら



上の映像は鼻からカメラ入れてますが、

今回の患者さんのように気管支挿管されてる人は、

気管内チューブの中を通って気管をチェックします。



ICUで働いてると、

たまにこんな興味深い映像を見ることができるので、楽しいです☆



拍手[1回]

PR
↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

名前
Angel
職業:
看護師 Registered Nurse
趣味:
ゴルフ ピアノ 食べ歩き
自己紹介:
1978年、早生まれ
埼玉県出身
カリフォルニア在住
アメリカ暦9年

日本の大学卒業後、医学研究職2年。

その後アメリカの大学へ留学。看護学部を卒業しBSN(Bachelor of Science in Nursing)取得を経て、RN(Registered Nurse)免許取得。

2004年夏より、カリフォルニアにある大学病院のICU(集中治療室)にて勤務中。
7年目のベテランナース(?)

最新コメント

[04/20 ますみ]
[04/17 NP王子。]
[04/15 花Momo]
[04/15 SMH ]
[04/13 Isamu LA]

リンク

カウンター

free counters
Flags counted since 11/28/2010

ランキング

☆応援ありがとうございます☆

1日1クリックずつポチっとしていただけると励みになり嬉しいです♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS

track feed Angel Blue

最新トラックバック

バーコード

Copyright ©  -- Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]