忍者ブログ

Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~

カリフォルニアの大学病院にあるICUで看護師をして7年目。 ICUの中で起こる日々のドラマ。 アメリカの命の現場から生の声をお届け! アメリカ医療の裏側やナースの日常を覗いてみませんか? まずは「ハイライト」内の記事からチェック!!

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


今日は80代の盲目の患者さんについてのお話。


私の担当ではなく、お隣りの部屋にいた患者さんですが、この方、

緩和ケアで病室にて

一人ぼっちで死を待っている状態。


「待っている」というのはちょっとおかしな表現なのかもしれませんが、正直ほかに言葉が見つからなくて。。。



担当ではなかったので、詳しい病名とかまでは知りませんが、

この患者さん、盲目な上に痴呆症があるようです。

緩和ケアになるくらいなので、病気の予後が悪いのでしょう。

※緩和ケアについては、過去記事『愛する人を目の前に・・・葛藤、恐怖』
で少し説明してあるので、ご参照ください。
 


病院の病室のベッドで、ずっと一人で寝ています。(全室個室)
 
というか、起きてるのか寝ているのかよく分からないくらい全然動きません。。。



何が悲しいかって・・・

誰一人としてお見舞いに来ない



それどころか、この患者さん、老人ホームからICUに運ばれて来たそうですが、

老人ホームで過ごした

5年もの間、一人もお見舞いに訪れなかったそうです。



そんな孤独な5年間を過ごした上に、死ぬ間際の今となっても

誰にも看取られることなく、一人ぼっちで他界していく。。。



訪れる人は、ナースとかドクターとか、病院のスタッフのみ。



盲目のこの患者さん、

最後に何を見るでもなく、誰に会うでもなく、

闇に包まれたまま死を迎える。



そんなことをつらつらと考えていたら、とてもやるせない気持ちになりました。


幸か不幸か、もしかしたら痴呆症で状況が理解出来ていないかもしれないけど。。。



人生の最後、愛する人達の声を聞きたかっただろうな。。。


人生の最後、愛する人達の手を握りたかっただろうな。。。



老人ホームにいた5年、そして死ぬ間際の今になっても

なぜ誰も会いに来ないのか、家族がいるのかいないのか、

そこら辺の状況や理由は全然わからないけど・・・



一人で孤独に死んでいくって、どんな気持ちなんだろう。




私が死ぬ時は、誰かずっとそばに居て見守ってくれるかな。。。


私はどちらかというと、淋しがり屋だから、一人で死ぬのは嫌だな。。。


もしも結婚せずに、子供も産まずに、ずっと家族のいない人生を送るとしたら、

やっぱりこのお婆さんみたいに病室で一人ぼっちになっちゃうのかな。。。


そんなの絶対、切ない。。。




次に働くときは、このお婆さんに話しかけてみようかな・・・

と思いながら、仕事にいったのですが、既に時遅し。

この患者さん、ICUから他の病棟に移動されてました。



もっとちゃんと気が付いたときに話しかけてあげれば良かった。。。

でもその時は、なんか胸がいっぱいでそんな余裕なかったよ。。。ごめんね。

ちょっと後悔。。。



どうかこの患者さんが、体の痛みも心の痛みもない安らかな死を迎えられますように。。。



拍手[6回]

PR
↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ふむふむ。

こんにちわ。

王子もよく老人ホーム→救急→解剖という患者さんに出会います。つい最近も認知症のおばあちゃんの解剖でしたが、色んな部位の癌の手術を繰り返してるようなのですが、家族も以前の病院も詳細が分からないという・・・

記事を読ませてもらって、王子が大学生の時、自分の祖母が施設に入所中で、認知症が進行して身内も分からない状態だったのですが、手を握ると笑顔で答えてくれたのを思い出しました。

医師、看護師に限ったわけではないですが、後悔や反省の連続で色々と考えさせられる職業ですよねぇ。

Re:ふむふむ。

王子さん、コメントありがとうございます。

特に家族にとって、認知症は本当に辛い病気ですよね。 手を握るということは、簡単で基本的なことかもしれないけど、実は心の奥まで気持ちが伝わり易い仕草なのかもしれませんね。

身内の区別もつかないのは辛いけれど、きっと握った手の優しいぬくもりを通してちゃんと王子さんの気持ちが伝わり、それがお祖母様の笑顔へと変わっていったんだと思います。

人を相手にする職業って特に、毎日が試練で勉強なんですよね。 これからももっと勉強して頑張っていきたいと思います!

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

名前
Angel
職業:
看護師 Registered Nurse
趣味:
ゴルフ ピアノ 食べ歩き
自己紹介:
1978年、早生まれ
埼玉県出身
カリフォルニア在住
アメリカ暦9年

日本の大学卒業後、医学研究職2年。

その後アメリカの大学へ留学。看護学部を卒業しBSN(Bachelor of Science in Nursing)取得を経て、RN(Registered Nurse)免許取得。

2004年夏より、カリフォルニアにある大学病院のICU(集中治療室)にて勤務中。
7年目のベテランナース(?)

最新コメント

[04/20 ますみ]
[04/17 NP王子。]
[04/15 花Momo]
[04/15 SMH ]
[04/13 Isamu LA]

リンク

カウンター

free counters
Flags counted since 11/28/2010

ランキング

☆応援ありがとうございます☆

1日1クリックずつポチっとしていただけると励みになり嬉しいです♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

PR

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS

track feed Angel Blue

最新トラックバック

バーコード

Copyright ©  -- Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]