忍者ブログ

Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~

カリフォルニアの大学病院にあるICUで看護師をして7年目。 ICUの中で起こる日々のドラマ。 アメリカの命の現場から生の声をお届け! アメリカ医療の裏側やナースの日常を覗いてみませんか? まずは「ハイライト」内の記事からチェック!!

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

今日、(あ、もう日付変わって昨日だ・・・)年末年始を日本で過ごすため、帰国しました!

 
 

『悲しみに暮れたクリスマス』から数日、少しずつではありますが、

日に日に悲しみから回復しつつあります。

 

 この記事に対して、ブログ読者の方々から温かいコメントをいただき、

精神的に大きな助けとなっています。
 

お気遣い、心から感謝致します。
 

 

実を言うと、クリスマス当日、おじさんを亡くしたこと以外で

更にショックに陥り途方に暮れた瞬間がありました。


それは携帯メールのやり取りによるもの。
 


とても親しい仲の人に、ジョニーおじさんが亡くなってとても悲しい

という内容のメールを送ったのですが、その返信が、
 


「そっか。。。 ご愁傷さめでした。」 のみ。



私はこのメールの返信を見て、ショックですごく傷ついてしまいました。

 

 

まず、タイポ。

「様」が「さめ」になっただけの小さなことだし、誰にでも間違いはあるけれど、
 

 こういうデリケートな内容の際のタイポは、なんだか軽くあしらわれているようで、

決していい気がしません。。。

 

 

そして、何よりもこの内容。


「ご愁傷様」はお悔やみ言葉の決まり文句ですし、間違いではないのですが・・・
 
親しい仲の人からのメールということを踏まえると、ショックでなりませんでした。
 

なんだか、とてもよそよそしくて。。。 



アメリカにいる実の家族のようなジョニーおじさんを亡くして、

一人ぼっちになってしまう不安感と淋しい気持ちでいっぱいの時だったので、

このメールで心が楽になるどころか、疎外感を味わって逆に胸が痛くなってしまいました。。。 

 



今でもまだこのメールがすごく引っかかっていて、

何でそんなにこのメールが「心無い内容」と思ってしまったのか・・・
 

自分の中でも解決したいので、いろいろ考えてみたのですが、

ブログの読者や同じ報告をした周りの人達からの温かい言葉を受るにつれ、
 

やっと原因が分かりました。

 

 

 「ご愁傷様でした」という言葉自体が悪いわけじゃなくて、

問題はその言葉一言だけだったという事実が私の心を傷つけたんだと思います。

 
 

気持ちを一言で極端に表すとしたら「それだけ?」ってことになるかな。。。

 

 

この気持ち、うまく説明できないけど、

とても親しい仲の相手なのに、「ご愁傷様でした」という、

親しさの度合いに拘らず万人共通のお悔やみ言葉だけしか掛けてもらえなかった、

というのが淋しかったんだと思います。

 

 

弱ってただけに、

「それはすごく辛いね。 大丈夫?」


 

みたいな私の心持ちを理解し気遣う姿勢の言葉を期待しちゃってたんです、多分。

 
 

でも、これって、私の期待が大き過ぎたのでしょうか。。。
 

やっぱり私の考え方、甘過ぎなのかな。。。

 

 

この「ご愁傷さま」という言葉、残念ながら日常会話でも「おあいにく様!」

みたいな嫌味なニュアンスで使われていることもありますよね。


 

 言葉のトーンが聞こえてこないメールでのやり取りだっただけに、

必要以上に当惑してしまったのかな。。。
 

 もちろんそんな嫌味なニュアンスで言ってないのは承知なのですが。。。

 



それにしても、お悔やみの言葉を掛けるのって、本当にすごく難しいですよね。
 

でもだからこそ、お決まりの言葉のみで終わらせず、ほかの言葉を探して、選んで、

なんとか温かい言葉を掛けようと努力してくれた方々のその思いやりに、深く感謝します。
 

言葉を超えて、気持ちが十分伝わってきて、本当に嬉しかったです。

 

 

特にブログなどを通してコメントしてくださった方々、見ず知らずの私が相手にも拘らず、

その素晴らしい思いやりを私に向けて下さり、本当にありがとうございました。




ご心配・お気遣いいただいておりますが、

お陰様で、寝込んだり、気落ちが酷く塞いでたりということはないので、

今のところ大丈夫です。




記事アップを出来なかった日が続いてしまいましたが、精神的にも大分落ち着いてきましたので、また前のように毎日ブログ更新できるようにしたいと思います。

これからも応援よろしくお願い致します☆

 

拍手[3回]

PR
↓↓↓ ランキング奮闘中です! ♥応援クリックよろしくお願いします♥
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

無題

言葉って難しいですね。
そのお友達は、なんて声をかけてよいかわからなかったんじゃないでしょうか?

私も友達に不幸があったときは、どんな慰めの言葉をかけていいかわからないときがあります。
「さめ」はないですけど・・・
会って話してみれば、きっといつもの優しいお友達なんじゃないでしょうか?

親しい人の死って辛いですよね。少しでも早くAngelさんの心が癒されますように。

Re:無題

>言葉って難しいですね。
>そのお友達は、なんて声をかけてよいかわからなかったんじゃないでしょうか?
>
>私も友達に不幸があったときは、どんな慰めの言葉をかけていいかわからないときがあります。
>「さめ」はないですけど・・・
>会って話してみれば、きっといつもの優しいお友達なんじゃないでしょうか?
>
>親しい人の死って辛いですよね。少しでも早くAngelさんの心が癒されますように。

無題

はじめまして。
確かにお悔やみの言葉は難しいですよね。
私も悲しいお知らせがきたときは、なんてお返事していいのかすごく悩みます。
気遣ったつもりの言葉が人によっては
余計辛かったりもしますからね。

私の場合、「それはすごく辛いね。 大丈夫?」という的な言葉ですが、「何、言ってるの?大丈夫じゃないに決まってるじゃない。」と思われたりしないかと考えてしまったりします。下手なこと言わないほうがいいんじゃないかと。

もしかしたらお友達も私のように思って、月並みの言葉一言だったのかもしれませんよ。
私のように思うのもいるということで、あまり落ち込まないでくださいね。

しばらくは辛いと思いますが、少しずつ元気を出して頑張ってくださいね。

Re:無題

ぴよさん、初コメントありがとうございます。

確かに気遣ったつもりが相手には逆効果になってしまったりすることもありますよね。 多分この時、私は精神的にいっぱいいっぱいで心が狭くなっちゃってたのかもしれません。。。 その人それぞれの性格や感性の違いもありますしね。

たとえもし、気遣ったつもりがその時は逆効果になってしまったとしても、きっと後になって精神的に安定したときに、ちゃんと感謝の気持ちに変わっていくんだと思います。

ぴよさんからのコメントを読んで、気が楽になりました。 いきなりは無理だと思いますが、少しずつ元気になれるよう頑張りますね。 応援ありがとうございます!

無題

メールっていうのは解りづらいところがあるから、真意ってのはわからないよね。それを十分把握してからじゃないと、そういうときは逆に人を傷つけちゃうこともあるんだろうね。
失意のなかで僕は自分の話を話したのも、すこしデリケートにかけたかも、ごめんね。
がんばってね。

Re:無題

メールはニュアンスがちゃんと伝わらなかったりして誤解を招きやすいですよね。。。

このままだとメール恐怖症になりそうです。。。(-_-;)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

名前
Angel
職業:
看護師 Registered Nurse
趣味:
ゴルフ ピアノ 食べ歩き
自己紹介:
1978年、早生まれ
埼玉県出身
カリフォルニア在住
アメリカ暦9年

日本の大学卒業後、医学研究職2年。

その後アメリカの大学へ留学。看護学部を卒業しBSN(Bachelor of Science in Nursing)取得を経て、RN(Registered Nurse)免許取得。

2004年夏より、カリフォルニアにある大学病院のICU(集中治療室)にて勤務中。
7年目のベテランナース(?)

最新コメント

[04/20 ますみ]
[04/17 NP王子。]
[04/15 花Momo]
[04/15 SMH ]
[04/13 Isamu LA]

リンク

カウンター

free counters
Flags counted since 11/28/2010

ランキング

☆応援ありがとうございます☆

1日1クリックずつポチっとしていただけると励みになり嬉しいです♥

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

PR

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS

track feed Angel Blue

最新トラックバック

バーコード

Copyright ©  -- Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]